富山で交通事故相談ができる弁護士は深水法律事務所

交通事故にあったら早めに弁護士に相談

提示された賠償金額に納得ができない!認定された後遺障害等級に不満がある!

そんな時は弁護士と無料で相談できます。

  • 相談費用0円
  • 初期費用0円
  • 夜間相談21時以降も可能

弁護士が交渉介入することで交通事故の被害賠償額を大幅に増額できる可能性があります。

被害者と保険会社では、知識量においても組織力においても圧倒的な力量差があります。弁護士を代理人に選任することにより、被害者が保険会社と対等の立場で交渉を行うことができるからです。

保険会社の提示額と弁護士介入後の賠償額との比較

なぜ弁護士に依頼すると賠償額が変わるのでしょう?

保険会社と弁護士では、損害賠償の算定基準が違うからです。

  • 自賠責保険基準 賠償額が低い 保険の掛金は低廉に抑えられており、
    給付される保険金額も
    最低限の賠償額に留まります。
  • 任意保険基準 賠償額がやや低い 任意保険会社から提示される保険金額は
    通常この基準によっています。
    賠償額は必ずしも十分な金額と
    いえない場合もあります。
  • 裁判基準 賠償額が高い 裁判になった場合の基準額です。
    通常、損害賠償額は最も高く
    なりますが、賠償を獲得するには
    訴訟の提起が必要です。

同じ交通事故の損害賠償額であっても、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「裁判基準」の順に金額が高くなります。
保険会社が提示してくる賠償金額は、通常「任意保険基準」に基づいて計算されていますが、弁護士は被害者に最も有利な
「裁判基準」に基づく賠償金額の獲得を目指します。

交通事故のご相談は無料です。

示談金の不満、保険会社との交渉などでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

こんな“お悩み・不満”はありませんか?

  • 保険会社が提示した賠償金額が納得できない。
  • 過失割合や後遺障害等級に納得がいかない。
  • 自身での保険会社との交渉に不安・・・。
  • どの段階で弁護士に依頼すればよいか分からない。
  • 加害者の態度があまりにも酷い。

その貴方の悩みや不満を、弁護士が無料で診断いたします。

交通事故に遭ったとき、ほとんどの方が保険会社に任せようと思っているかもしれません。しかし、その保険会社は加害者が加入している会社であり、あなたの味方ではありません。そこで弁護士に悩みや不満を相談すれば、賠償金額の不満や、保険会社との交渉の不安も解決されるはずです。

交通事故匿名無料診断

交通事故問題に深水法律事務所が選ばれる理由とは

  • ポイント1 豊富な実績があります。 深水法律事務所は、過去の解決例の経験を活用して、被害者救済に努めます。
  • ポイント2 ご相談は何度でも無料。 交通事故相談は何度でも無料です。事件の適切な処理と方針決定には、正確な聴き取りが必要不可欠です。まずは、無料相談にお越し下さい。ご多忙の方の場合は、メール又は電話での相談も受け付けています。
  • ポイント3 21時以降の相談も可能です。 ご予約いただければ、夜間21時以降の相談も可能です。お仕事が終わってからゆっくり相談にお越し下さい。
  • ポイント4 権利擁護に全力を尽くします。 被害者の権利擁護に全力を尽くします。安易な妥協によって、損害賠償金を減額してしまうことはありません。
  • ポイント5 初期費用無料で受任が可能です。 初期費用無料で受任が可能です。基本報酬は、分割払又は賠償金取得後の後払いが可能です。
  • ポイント6 依頼者の自己負担額ゼロ。 交通事故事件においては、通常、弁護士費用として認容額の10%程度を相手方に請求することができます。事案によっては、依頼者の自己負担額をゼロとして、加害者から取得できた弁護士費用に弁護士報酬を限定する特約も可能です。詳細は受任時にお尋ね下さい。

交通事故のご相談は無料です。

示談金の不満、保険会社との交渉などでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

交通事故問題解決事例保険会社の提示金額と判決認容金額がどれぐらい違うのか、実際に受任した実例を基に具体的に比較してみます。

事例その1 女性20代

後遺障害等級が見直され370万円増額しました。

自賠責基準の後遺障害等級を不服とし、弁護士に相談をされました。

被害者には腰部の神経症状と顔面の傷跡が残り、自賠責の後遺障害等級認定では顔面の傷は後遺障害基準に満たないとして、神経症状のみの14級でした。これに対し判決は、後遺障害基準に満たなくても、顔面の傷跡によって被害者は相当の心痛を受けているとし、13級相当の後遺障害慰謝料額を容認し、また、加害者が虚偽の供述をして被害者に責任を負わせようとした事を考慮し、障害慰謝料に特別の加算がされました。

保険会社の提示金額が178万円→判決容認額が548万円 結果370万円増額

事例その2 女性60代

算定基準が任意保険から裁判基準に見直され、647万円増額。

保険会社が提示した後遺障害慰謝料と休業補償に納得がいかず、弁護士に相談をされました。

任意保険基準と裁判基準との差額で、特に後遺障害慰謝料が「220万円」から「440万円」と差額が顕著で、また、専業主婦の逸失利益・休業補償は、任意保険基準では日額5,700円で計算されることが多いのですが、裁判基準では女子労働者の平均賃金の日額換算約1万円で計算されます。

保険会社の提示額が709万円→任意保険交渉和解額が1,356万円 結果647万円増額

弁護士に依頼をするメリットのひとつは保険会社と対等な立場で交渉ができることです。

保険会社と直接交渉の場合
被害者と保険会社との力量差の比較 代理人を選任しない場合、被害者と保険会社が直接交渉することになります。資料収集能力・調査能力ともに損害賠償問題のプロフェッショナルである保険会社が圧倒的に優位です。結局、保険会社側に有利な条件で和解が成立してしまうことになります。
弁護士を代理人に選任した場合
弁護士と保険会社との力量差の比較 法律の専門家である弁護士が交通事故判例・損害賠償基準を詳細に検討した上で交渉します。弁護士を代理人に選任することによって、初めて保険会社と対等な立場で交渉することができるようになり、適切かつ十分な賠償額を得ることができます。

弁護士費用特約についてご存じですか?

交通事故の被害にあってしまったとき、弁護士報酬がネックになり損害賠償ができないということを防ぐために、加害者や相手先の保険会社に損害賠償請求をする際の弁護士報酬を被害者が加入している保険の特約でカバーするというものです。

弁護士費用特約を利用できる場合、被害者は自己負担なしで弁護士を依頼することができます。利用には、各保険会社により条件がありますので、利用が可能であるか依頼の際にご確認下さい。

弁護士について

弁護士費用は分割払又は後払いのご相談も承っています。事案によっては、弁護士報酬を相手方から得ることができた弁護士費用の範囲内に限定し、依頼される方の自己負担をゼロとする特約も可能です。詳細はご相談の際にお尋ね下さい。

任意交渉

金額は税別です。

  • 着手金0円
  • 成功報酬は「10% + 10万円

調停及び訴訟

金額は税別です。

  • 着手金0円
  • 成功報酬は「10% + 10万円
  • 実費は別途精算

訴訟の場合、通常、賠償額の10%程度を弁護士費用として相手方に請求することが出来ます。

弁護士費用特約を使用するときは、各保険会社の定める報酬基準、又は旧日弁連報酬規程に
よります。

交通事故のご相談は無料です。

示談金の不満、保険会社との交渉などでお困りの方は、お気軽にご相談ください。